結局就活ってなんだったのだろう

結局就活ってなんだったのだろう



この間ふと見かけた記事で、6月で大学生・大学院生の内々定率が53.3%だと出ていました。

少なからず、リーマンショック&震災の影響を受けつつ活動していた元就活生であり、且つ人材業界出身の身としては、この時期にもう半数以上が進路先の確保ができ始めていることに改めて驚きます。

景気は後退気味だとか、そろそろ採用市場も変わるとか、ここずっと言われながらも、なんだかんだまだ、売り手市場は続くのですね。

もってオリンピックまででしょうか。



今から数年前ですが、自分の就活期、私は本当にやる気のない就活生だったなと思い出されます。

周りは大学3年生になった途端、自己分析だSPIだと揃いも揃って取り組み始め、授業は出たり出なかったり。

どことなく反発気味であまのじゃくだった私は、何より大学生活が優先だと、好きでもない勉強を理由に、就活から遠ざかろうと試みたのでした。

ダメ生徒が優等生に代わって急にマジメに授業を受けだしたものだから、先生たちもきっとびっくりしたんじゃないでしょうか。



とはいえ私も就活をしなかったわけではなく、重い腰を上げたのは大学4年生の夏。

ええ全く、内々定を持たない半数以下の学生たちの中でも更に一握り、青春に専心して敢えて出遅れた体育会学生や、活動派学生だから属すことのできるスロースターターグループに、勝手に入り込んでいたのでした。

最終的には内定も得て、色々周回しながらも社会人になりましたが、結局就活ってなんだったのだろうと、熱い日差しの中黒いスーツをまとう就活生を眺めながら、モヤモヤしてしまう私です。




私の日々

働くこと

About

  • 当サイトへお越しいただきありがとうございます。一時放置していましたが、最近また日々の出来事など記事を追加しています。更新しづらいので、ワードプレスへの引っ越しを検討中・・・お暇な時間にでもお読みいただけるとありがたいです。
  • 連絡はこちら→ mylife☆fuwamofu.com (お手数ですが、全角等適度修正してください。スパムメール対策です。)