革靴はブラシ選びが重要らしい

革靴はブラシ選びが重要らしい



革靴のお手入れ方法って基本的な流れはあるけれど、人それぞれなんですよね。

履きしわをきれいに出すために最初にクセをつけておく、とか、靴墨は〜、クリームは〜、ブラシは〜・・・。こだわりだしたらキリがないみたいです。



色々読み漁っていて、これ、という記事を見つけました。
「シューケアにかける金額全てをブラシ一本にかけろ」という内容でした。

革を過保護にし過ぎてやれクリームだ、靴墨だ、そして短期間に何度もクリーナーを使うことは革の劣化を速めてしまうことになる。

まずは丁寧にブラッシングすることに集中しろ、ということでした。ブラッシングしているうちに革の持つ本来のつや、輝きがにじみ出てくるのだとか。



クリームやブラシがセットになっているものが悪いとは言わないけれど、中途半端な大きさのブラシを使うのはおすすめではないと書かれていました。

なるほど、確かに埃落としのブラシは小さいと時間もかかってしまいます。

こどもと出かけて帰った私は色々忙しいので、
ササっとできる方がいいのです。



しかしブラシもピンキリで、どれを選べばいいのか分かりません。安いものは毛が抜けやすいとか密集度が甘いとかも口コミには書かれていました。

色々迷った末、手植えの馬毛のものを購入しました。

お値段8600円。
高級品です!!

ブラシの老舗、東京の江戸屋さんという所のもので、
まずはこれ一つで行きたいと思います。



靴とブラシで5万強・・・。
クリーナーや磨きブラシは夫の法事用の靴のケアに買った安いやつで我慢です。



私の日々

働くこと

About

  • 当サイトへお越しいただきありがとうございます。一時放置していましたが、最近また日々の出来事など記事を追加しています。更新しづらいので、ワードプレスへの引っ越しを検討中・・・お暇な時間にでもお読みいただけるとありがたいです。
  • 連絡はこちら→ mylife☆fuwamofu.com (お手数ですが、全角等適度修正してください。スパムメール対策です。)